[PR]

 関東地方から西日本にかけて5日、晴天が続いて気温が上がった。気象庁によると、最高気温(速報値)は名古屋市で39・9度、岐阜県郡上市で39・7度、京都市で39・5度を観測。鳥取県智頭町では38・9度、広島県安芸太田町では38・8度と、ともに観測史上1位を更新した。

 関東甲信や近畿地方では6日の予想最高気温も平年よりかなり高くなると予想されている。

 一方、東北地方では大気が不安定になり、一部地域で激しい雨となった。山形県酒田市では午後1時40分までの1時間に112・5ミリ、秋田市では午前9時24分までの1時間に81・0ミリの降水量を観測した。