拡大する写真・図版 沖学園―北照 試合後、整列してあいさつする北照の選手たち=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、藤原伸雄撮影

[PR]

(6日、高校野球 沖学園4―2北照)

 北照は打線のつながりを欠いた。10安打を放ちながらも連打がなく、2得点にとどまった。

 南北海道大会で打率5割7分7厘だった4番岡崎は4打数1安打。1点差に迫った五回には2死一塁で左飛に終わった。「少し力んだ。『自分が打てば、勢いに乗る』と言われていたのですが…。悔しいです」。九回の守備では両ふくらはぎがけいれんし、8分間の中断中に手当てを受けた。「水分はとっていたんですけど、元々つりやすい方。情けない」

 北照は4回目の出場だったが、「夏の甲子園初勝利」とはならなかった。

こんなニュースも