[PR]

 暑~い夏に、ひんやり冷えた甘いデザートはいかが? 山口県立大の学生が、萩藩の13代藩主毛利敬親ゆかりのデザートを作った。毛利家の家紋に見立てたケーキの盛り合わせと冷たいブランマンジェの2種類で、県立美術館内のカフェで味わえる。

 「毛利家プレート」はお菓子を家紋の「一文字三星」に見立てたデザートの盛り合わせ。もう一つは、毛利藩政に縁があるカワラケツメイ茶を使ったブランマンジェ。

 看護栄養学部調理学研究室の園田純子准教授(55)と4人の学生が、歴史にヒントを得た食べ物「歴食」に関する卒業研究の一環で4月から企画を練ってきた。

 デザートにはそれぞれ歴史との…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら