[PR]

 愛らしい子どもの絵を描いた絵本画家いわさきちひろ(1918~74)が今年、生誕100年を迎えた。戦争体験から絵に込められた平和への思いは、今も多くの人の心に響き、各地で画業を紹介する展覧会が相次いで開かれている。

 東京駅直結の東京ステーションギャラリーで7月から始まった回顧展では、約200点の作品が展示され、すでに約3万3500人が来場している。このお盆には特ににぎわいをみせ、長年のファンだった高齢の人や家族連れらが訪れているという。

 絵の特徴は、眉毛がなく、つぶらな黒い瞳をした子ども。ちひろ美術館・東京の企画展に11月3日から登場する写真家の長島有里枝さんは「子どもを見て可愛いと思う、大切に思うということが平和につながると本当に信じていたのだと思う」。ちひろの長男で美術評論家の松本猛さんは「何の罪もない子どもを犠牲にしてはいけないという強い思いがあった。愛され続けているのは、今もそう信じる人たちがいるからこそだろう」と話した。

 ちひろは生前、こう語っている。「青春時代のあの若々しい希望を何もかもうち砕いてしまう戦争体験があったことが、私の生き方を大きく方向づけているんだと思います。平和で、豊かで、美しく、可愛いものがほんとうに好きで、そういうものをこわしていこうとする力に限りない憤りを感じます」

 女学校に入った12歳で満州事…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら