[PR]

 茨城県取手市の実家の敷地に妻(当時30)の遺体を埋めたとして、夫とその母親が死体遺棄容疑で逮捕された事件で、千葉県警は勾留期限の7日にも、2人を妻に対する殺人容疑で再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

 再逮捕されるのは、銀行員の弥谷鷹仁(やたにたかひと)(36)=千葉県柏市南柏中央=と母親で会社役員の弥谷恵美(63)=取手市井野台4丁目=の両容疑者。

 捜査関係者によると、2人は共謀して3月4日ごろ、鷹仁容疑者の妻の麻衣子さんを何らかの方法で殺害した疑いがある。鷹仁容疑者は逮捕前の調べに「自宅で首を絞めて殺した。実家に手作業で穴を掘って埋めた」「体調を崩した妻と生活することで精神的に疲れていた」などと供述。恵美容疑者は「苦しんでいる息子を助けたかった」などと説明したという。

 また、捜査関係者によると、2人は事件前に無料通話アプリで「棺おけが必要」「睡眠薬を用意」といったメッセージをやり取りしていたといい、県警は計画的に事件を起こした疑いがあるとみて調べている。

 事件を巡っては、鷹仁容疑者が3月6日、「2日前に妻と口論になった。我孫子市内で車を降りた妻が帰宅しない」と柏署に捜索願を出した。県警は現場周辺の防犯カメラの映像を分析して麻衣子さんが映っていないことを確認。鷹仁容疑者に先月17日に改めて事情を聴き、供述をもとに、麻衣子さんの遺体を発見した。