[PR]

ナガサキノート10年 記者再訪

 約1400人が犠牲となった旧城山国民学校の校舎、爆風のすさまじさを物語る山王神社の一本柱の鳥居、傾いた旧長崎医科大学の門柱――。

 長崎市の竹下芙美さん(76)は、被爆遺構の存続にこだわり続けている。「被爆の体験を語れる人がいなくなるとき、遺構はその代弁者になる。壊してからでは遅いのよ」

山本恭介(やまもと・きょうすけ)  2010~11年に広島、13~15年は長崎で勤務。核兵器を巡る国際会議も米国とメキシコで取材。18年から東京文化くらし報道部。

 1987年と88年、知人の誘いで沖縄の戦跡を訪れた。沖縄戦で住民が米軍から身を隠したガマ(洞窟)。「けがをして運び込まれた人たちであふれていた」と案内人から聞いた。

【3Dで特集】ナガサキノート あの日、人々の足取り
1945年8月9~10日に爆心地数キロ圏内にいた人を中心に約150人について、証言から推測される足取りを地図上に再現しました。一人ひとりの証言が読めます。

 「血のにおいが鼻をつき、うめき声が聞こえるようだった」。遺構が残っているからこそ、戦争の悲惨さや恐ろしさが伝わる。そう思い知らされ、被爆遺構の保存活動を始めた。

 長崎県時津村(現・時津町)で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら