猛暑で蚊も夏バテ? 刺されない夏、専門家に聞いてみた

有料記事

斉藤佑介
[PR]

 蚊も夏バテ――? 8月に入っても気温35度以上の猛暑日が続く日本列島。「今年は蚊が少ない」「まだ蚊に刺されていない」という声も聞こえてくる。真相を究明しようと、専門家に聞いてみた。

 「今年は特に蚊に刺されていない。セミの鳴き声も聞きません」。この夏、4度の40度超えの最高気温を記録した岐阜県多治見市多治見で生まれ育った大学生山田瑞貴さん(20)は、異変を感じている。

 先月、国内観測史上最高となる41・1度を記録した埼玉県熊谷市はどうだろうか。

 「別に蚊が少ないとは思いません」と市職員。だが、害虫対策をする市環境推進課に聞くと、「早い段階から暑かった。蚊の発生が少ないのかも」。

 市は自治会から、側溝などにまいて、蚊の幼虫ボウフラの発生を防ぐ殺虫剤の購入補助金を受け付けている。昨年7月までに12件だった申請は今年は11件とほぼ一緒だが、「問い合わせを含めると、例年より減っている気がします」と担当者は話す。

 蚊の対策を研究している「害…

この記事は有料記事です。残り808文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!