[PR]

 第100回全国高校野球選手権記念大会に山口代表として挑む下関国際は、大会5日目の9日、第2試合で花巻東(岩手)と対戦する。試合を前に下関国際・坂原秀尚監督と花巻東・佐々木洋監督に、警戒する選手やチームの仕上がり具合、理想の試合展開を語ってもらった。

 ――相手校の印象は

 佐々木 去年から出場している選手が残り、3季連続で甲子園に出場している。実績、経験もあり、投手の鶴田君を中心にしたすばらしいチームという印象がある。

 坂原 堅い守りで打線にはつながりがあり、機動力も使ってくるイメージ。100回の記念大会で対戦できて非常に光栄だ。

 ――警戒している選手は

 佐々木 鶴田君は打撃も素晴らしいと聞いている。

 坂原 継投できる左右の投手陣がいるので、それを頭に入れている。

 ――自チームで鍵になる選手は

 佐々木 (4番打者の)紺野に期待している。3番、5番の調子が上がってきているので、彼が出塁することで点につながると思う。

 坂原 投打において鶴田。去年の夏と選抜大会では立ち上がりに失点した。しっかり鶴田が投げて、序盤は落ち着いて試合に入っていきたい。

 ――今のチームの調子は

 佐々木 投手陣の調子が良い。特に左腕の田中と平山が良いと見ている。右打者も苦にしないチェンジアップも持っている。調子を見ながら先発を決めたい。

 坂原 浜松、甲山の二遊間や鶴田の疲れも取れて、徐々に調子が上がってきた。

 ――両チームとも選抜大会に出場した。春からの成長は

 佐々木 春は(準々決勝で大阪桐蔭に0―19と)大敗して悔しい思いをした。そこから、走攻守すべてで大阪桐蔭クラスに自分たちの基準を上げないといけないということで練習に取り組んだ。

 坂原 (初戦に1―3で敗れた)選抜では立ち上がりに失点し、追い上げる展開だった。山口大会決勝では、一回にビッグイニングをつくって先制して守り切るという野球ができた。そのあたりに成長を感じた。

 ――理想の試合展開は

 佐々木 チャレンジャー精神で接戦に持ち込めれば。機動力のある1番、2番を抑えて、中軸に良い形でつなげないようにしながら、試合を最少失点で進めたい。

 坂原 我々は守備のチーム。終盤勝負に持ち込んで、粘り負けないようにしたい。

 ――スコアの予想は

 佐々木 相手投手が素晴らしいので、そんなに点は取れないと思う。理想としては4―3という試合になれば。

 坂原 できれば5点以上取って、3点以内に失点を抑えたい。(聞き手・藤野隆晃)

こんなニュースも