[PR]

(7日、高校野球 近江7―3智弁和歌山)

 近江の継投策が強打の智弁和歌山を翻弄(ほんろう)した。特に光ったのが2番手の左腕林。チェンジアップを効果的に使って中盤を抑え、流れを引き寄せた。打線は北村の2本の2ランなどで7得点。智弁和歌山は走塁死や盗塁失敗などが出て攻撃のリズムが悪くなった。

こんなニュースも