[PR]

 静岡県藤枝市の山中で看護師内山茉由子さん(当時29)の遺体が遺棄された事件で、県警は、名古屋市天白区、無職鈴木充容疑者(43)=営利略取、逮捕監禁罪などで起訴=を死体遺棄容疑で来週にも再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、鈴木容疑者は5月27日、内山さんを連れ去った際の指示役とみられる住所・職業不詳の芥川豊史容疑者(39)=逮捕監禁容疑で逮捕状、死亡=と共謀し、藤枝市の山中に内山さんの遺体を遺棄した疑いがある。これまでの調べに鈴木容疑者は監禁容疑を認める一方、死体遺棄容疑については「知らない」と話しているという。

 捜査関係者によると、鈴木容疑者は、住所不定無職の伊藤基樹被告(28)=同罪で起訴=と共謀し、浜松市内で内山さんの車に無理やり乗り込んで連れ去った直後、別の場所で芥川容疑者も乗車。鈴木容疑者は26日夜、伊藤被告は27日早朝に車から降りたが、鈴木容疑者は再び同市内で乗車したという。県警は、鈴木容疑者が芥川容疑者と共謀して遺棄事件に関与した疑いがあると判断した。