[PR]

 不正疑惑が相次いでいる日本ボクシング連盟をめぐり、スポーツ庁の鈴木大地長官は7日、報道陣の取材に応じ、過去の暴力団幹部との交際を公言している山根明会長について「(反社会勢力との)黒い交際が事実だとするならば辞任に値する」と述べた。

 同連盟は第三者委員会を設置して事実関係を明らかにする予定だが、鈴木長官は「色々な問題がボクシングやスポーツ全体のインテグリティー(健全性)を損ねている。第三者委の意見は尊重するが、なるべく早く収束させたい」と述べ、山根会長の早期辞任に言及した。