[PR]

 財務省は7日、天皇陛下在位30年を記念して、金貨(額面1万円)と銅貨(額面500円)を発行すると発表した。金貨単体は税込み13万8千円で、造幣局が販売する。11月1日から申し込みを受け付ける。

 金貨は直径28ミリの純金製で、表面には鳳凰(ほうおう)、桐(きり)、白樺(しらかば)をあしらった。銅貨は直径26・5ミリで儀装馬車などを配した。裏面にはともに菊花紋章が刻まれている。

 発行枚数は金貨が5万枚、銅貨が500万枚。金貨のうち2万枚は単体で、3万枚は特殊加工を施した銅貨とセットにして税込み14万円で販売する。銅貨497万枚は来年2月ごろから、金融機関の窓口で引き換えることができる。

 詳細は10月31日午後5時以降、造幣局のホームページ(https://www.mint.go.jp/別ウインドウで開きます)で公表する。造幣局ハローダイヤル(050・5548・8686)でも問い合わせを受け付ける。(笠井哲也)