【動画】東京五輪・パラリンピックで選手や大会関係者の入場時の本人確認に使われる顔認証システム=北川慧一撮影
[PR]

 NECは7日、2020年の東京五輪・パラリンピックで、選手や大会関係者が競技会場などに入場する際の本人確認に、同社の顔認証システムが採用されたと発表した。五輪で大がかりな顔認証を導入するのは初めて。30万人超を対象に本人確認をするという。

 顔認証は、事前に撮影・登録した写真を用いて、顔の骨格や目や鼻の位置で本人かどうかを識別する。選手やスタッフ、ボランティア、報道関係者らが対象。43の競技会場や選手村、プレスセンターなどの入り口に設ける専用レーンでチェックする。

 大会組織委員会の実験では、スタッフが本人確認する場合と比べ、2・5倍ほど早く入場できるようになったという。混雑を防いだり、スタッフを減らしたりする効果が見込まれるという。(北川慧一)