[PR]

 宮崎県勢の甲子園初優勝を公約に掲げる河野俊嗣知事は7日の定例記者会見で、この夏で公約が実現する可能性について「(2期目の任期中では)今回が最後のチャンスになるが、相当厳しい」との認識を示した。宮崎代表の日南学園は8日に初戦を迎える。

 河野知事は会見で、高校野球を含めた宮崎県の様々なスポーツの競技力を向上させるため、過去2度の知事選で象徴的に「甲子園初優勝」を掲げてきたと説明。そのうえで、今夏での公約の実現性について「相当厳しいのかなと思っている」と述べた。河野知事は来年1月、2期目の任期満了を迎える。

 8日の第1試合で初戦に臨む日南学園に対しては「記念すべき100回大会で大暴れして。一つ一つのプレー、一つ一つの試合、甲子園での一つ一つのものが将来の優勝につながっていくんだという思いでプレーしてほしい」とも述べた。(伊藤秀樹)