[PR]

支援通信■

 広島市中区のメンズセレクトショップ「TRUMPS(トランプス)」が、12日から豪雨災害のチャリティーTシャツを販売する。豪雨災害後に広島県福山市の工場で染めたタイダイ(絞り染め)のTシャツだ。

 紳士服ブランド・アナソルール(神奈川県)が製造し、胸元にトランプスのロゴをあしらったオリジナルデザイン。アナソルールのディレクター、宮本富祐樹さん(30)は「縫製工場やテキスタイルメーカーの取引先は広島に多く、ひとごとではなかった。何かできることを、と思って提案した」と話す。

 トランプスのマネジャー大本尚輝さん(39)は福山市出身。実家が被災し、両親は避難所に身を寄せた。県内の三原市にある妻の実家は断水が続き、キャンプ用ポリタンクを差し入れに行った。店では7月以降、チャリティーTシャツを2度販売し、60枚が完売した。大本さんは「支援を続けていくことが大事だと思っています」と話す。

 色はグレー。絞り染めのため、1枚ごとに異なる色むらがある。サイズはメンズのM、Lの2種。5500円(税別)。1枚につき2千円を日本赤十字社の義援金として寄付する。

 注文は12日午前11時から店頭ならびにオンラインショップ(https://www.fastlane2007.com/category/item/trumps/?max-results=10別ウインドウで開きます)で販売する。問い合わせはトランプス(082・246・8160)。(机美鈴)