[PR]

 鳥取県内の砂浜に繁茂する珍しい海浜性の植物が外来種の影響で分布を縮小している。その現状があまり注目されない中、昔からの景観を守ろうと地元の人たちが外来種の駆除活動を続ける浜がある。

 岩美町牧谷、国道脇から木々の覆い茂る300メートルほどのけもの道を抜けて、ようやくたどり着ける熊井浜。かつては地域でも知る人だけの穴場として愛されたが、美しいビーチのうわさが少しずつ広がり、今では夏になると県外からもちらりほらりと人が訪れるようになった。

 波打ち際から少し離れた砂の上に点々と生える植物が目に入る。日本の海岸に自生する在来種「オカヒジキ」だ。ゆでて食べるなどして地元の人にとってはなじみ深い植物だったが、県のレッドデータブックで準絶滅危惧種に指定されたこともある。

 熊井浜のオカヒジキは数年ほど…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら