[PR]

 兵庫県南あわじ市の農業公園「淡路ファームパーク イングランドの丘」は、飼育していた国内最高齢のメスのコアラ「みなみ」が死んだと発表した。

 同園によると、5日に死んでいるのを確認した。老衰とみられる。みなみは22歳。コアラの平均寿命は15歳ほどで、人間に例えると100歳を超える長寿だったという。

 みなみは2003年3月、同県と友好提携関係にある豪州の西オーストラリア州から寄贈された。最近はユーカリの葉は食べるものの、筋力が衰えて動き回らなくなっていたという。

 同園によると、国内最高齢コアラは、同園内で飼育する、ともに21歳のメスの「ひかり」と「みどり」の2頭となった。(吉田博行)