[PR]

 強い台風13号は7日、父島の北東から八丈島の東を北上し、気象庁によると、8日から9日に勢力を維持して関東地方と東北地方にかなり接近し、上陸する恐れがある。9日夜まで非常に激しい雨や猛烈な風となる見込みで、首都圏で交通機関が混乱する可能性もあり、注意が必要だという。

 気象庁によると、台風13号は7日午後9時現在、八丈島の東南東約330キロを時速20キロで北西へ進んでいる。中心気圧は970ヘクトパスカル、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。

 暴風域を伴って8日に伊豆諸島に近づき、9日は東北の太平洋側付近を北上すると予想されている。接近とともに速度を落とし、影響が長引く恐れがある。台風とは別に活発化した前線も北上しており、関東甲信と東北では台風接近前から大雨となる可能性もある。

 9日午後6時までに予想される24時間降水量は、多いところで関東甲信300~400ミリ、東北200~300ミリ、北陸100~150ミリなど。8日の予想最大風速は関東で35メートル、東海で25メートル、東北で20メートル。気象庁は土砂災害や河川の氾濫(はんらん)、高波などへの厳重な警戒を呼びかけている。

 7日は寒気が入り込み、関東や東北で10月上旬~中旬並みの最高気温になったところもあった。東京都青梅市で22・9度、仙台市で19・9度だった。一方、西日本は高気圧に覆われ、福岡県久留米市で37・6度まで上昇。松山市で観測史上最高の37・4度、広島市で37・2度となった。

 台風の通過後は日本の上空を二つの高気圧が覆い、全国的に8月末まで気温が高い状態が続く見込み。