[PR]

 8月に入り厳しい暑さが続く中、ジェフユナイテッド市原・千葉が戦うJ2リーグは27節を終え、残すところ15試合。連敗こそ「3」で止めたものの、15位と苦戦している。巻き返しを図るべく、上昇気流に乗るためのスイッチを模索している。

 このような苦しい状況を打破しようと、日々汗を流しているのは監督や選手だけではない。チームには様々なスタッフ・メンバーが関わり、最高のパフォーマンスを出せるよう一丸となって戦っている。今回はそれぞれの役割について触れたい。

 Jリーグには指揮官を担う監督のもと、コーチという役割が存在する。監督が描くサッカーの実現をミッションとする彼らは、日々のトレーニングのメニューを考えたり、相手チームの分析をしたり。時には戦術を監督や選手と議論するなど、チームに必要なあらゆる要素を体現していく。監督にとって、サッカーにおける一番の理解者であり、実践の要でもあるのだ。

 また、チームでは外国籍の選手…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも