[PR]

ナガサキノート10年 記者再訪

 「本当にひたすらマリア像を描き続けていました」

 長崎市内の浦上川近くの自宅には、被爆マリア像をモチーフにした絵が40枚近く保管されていた。描いたのは深堀柱(あきら)さん。昨年12月13日、急性心筋梗塞(こうそく)のため亡くなった。87歳だった。

 深堀さんの妻初子さん(85)が、自宅に招き入れてくれた。

【3Dで特集】ナガサキノート あの日、人々の足取り
1945年8月9~10日に爆心地数キロ圏内にいた人を中心に約150人について、証言から推測される足取りを地図上に再現しました。一人ひとりの証言が読めます。

 原爆で倒壊した浦上天主堂で、がれきの中から見つかった頭部だけの被爆マリア像。ほおは黒く焼けただれ、描かれたマリア像の目は暗く落ちくぼみ、見る者の目を、悲しげにまっすぐ見据えていた。

 深堀さんを取材したのは2011年7月。

 「被爆証言だけでなく、絵を描いて残そうという思いがあって」

 そう言って見せてくれた絵は鉛筆の下書きで、被爆後の長崎市内の光景が描かれていた。うずくまり身を寄せ合う母子と思われる人たち。だが、その表情はぼやけ判然としない。

 「思い出そうとすればいろんな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら