[PR]

支援通信

 ウェブベルマーク協会のサイトを通じてネットショッピングをするだけで、自己負担なく西日本豪雨の被災地の学校を支援できる。

 協会サイト(https://www.webbellmark.jp/別ウインドウで開きます)を訪問し、マイページ登録で、支援先に「西日本豪雨緊急支援」を選択。同サイトから、ショッピングサイトなど(ヤフーショッピングや楽天市場、ニッセン、ベルメゾン、ロフト、イトーヨーカドー、じゃらんなど約40の協賛サイトを掲載)を選び、いつも通りに買い物やホテルの予約を。

 すると、代金の一定割合(ショッピングサイトによって、8月9日時点で0.4%~8.1%)などが、協賛企業から同協会に支払われ、ベルマーク教育助成財団を通じて被災地の小中学校などの支援に使われる。

 今回の豪雨では、被災地域の多くの学校で校舎が床上浸水したり、裏山ののり面が崩落したりといった被害が出た。自宅が被災し、学用品を失った子どももいる。支援は、被災地のニーズをふまえ、生徒の文房具や、黒板消しのクリーナーなど教室の備品に使われる予定。受け付けは12月末まで。(鈴木洋和)