[PR]

 西日本豪雨災害の支援の受け付けなどは、以下の通り。

 【ネットショッピングで支援】

・ウェブベルマーク協会のサイトを通じてネットショッピングをすれば、自己負担なく、豪雨被災地の学校を支援できる。

 協会サイト(https://www.webbellmark.jp/別ウインドウで開きます)を訪問し、支援先に「西日本豪雨緊急支援」を選択。同サイトから、ショッピングサイトなど(楽天市場やヤフーショッピング、じゃらんなど約40の協賛サイトを掲載)を選び、好きな買い物を。買い物代金の一定割合(ショッピングサイトによって、8月9日時点で0.4%~8.1%)などが、協賛企業からウェブベルマーク協会に支払われる。ベルマーク教育助成財団を通じ、被災地の小中学校などに使われる。受け付けは12月末まで。

 【ボランティア】

・お盆を迎える被災者の気持ちに配慮し、8月中旬を中心にボランティア募集を休止する地域が多い。県別の特設サイトから各地の募集状況を確認できる。

岡山県災害ボランティア情報「Team Kibi-Dan-Go」(https://team-kibidango.vc/別ウインドウで開きます

広島災害ボランティア情報(https://hiroshima.shienp.net/別ウインドウで開きます

愛媛県被災者支援ボランティア情報(https://ehimesvc.jp/別ウインドウで開きます

 参加する場合は事前にボランティア保険に加入し、水分や食事、宿泊場所などは自分で確保する。

 【被災地の子のリフレッシュキャンプ】

・被災地の小中学生を対象に、国立青少年教育振興機構が無料のリフレッシュキャンプを実施。8月17日~9月17日に1泊2日~2泊3日で、岡山、広島、高知にある「自然の家」など機構施設で、ハイキングや自然観察、工作を楽しむ。計630人程度を募集。被災自治体からのバスの無料送迎もある。詳細は機構(03・6407・7714)のHP(http://www.niye.go.jp/別ウインドウで開きます)。