[PR]

 夏の甲子園で壮絶な打ち合いを演じ、惜しくも敗れ去った山梨学院。選手一人ひとりには、支えてくれた家族や友人がいた。「山梨代表」の誇りを胸に、最後まであきらめない戦いを見せた選手たち。敗戦後の姿や思いを紹介する。(市川由佳子)

「父さんに甲子園の土を」 震災越えサポート感謝

 6日の初戦で敗れた山梨学院。1年生の栗田勇雅君が捕手を務めた。福島県いわき市出身。山梨大会優勝に貢献し、「父さんに甲子園の土を持って帰ることができる」と臨んだ夏の選手権大会だった。

 高知商に16安打を浴び、14失点を喫した。「捕手は守りの要だから、打たれるのは自分の責任」と悔しさをにじませた。

 小学2年生の時、いわき市内の小学校で東日本大震災に襲われた。他の児童と一緒に教室を飛び出し、高台へ駆け上がった。校舎を津波が襲う光景は今も忘れられない。同県双葉町に住む父方の祖父母は放射線の影響で家に戻ることができなくなった。

 それでも、両親や祖父母は野球のサポートをしてくれた。父健一さん(40)は遅くまで打撃練習に付き合った。上達していくにつれ、「甲子園に行きたい」という思いを強め、山梨学院への入学が決まった。

 その直後から力を発揮し、春の大会で本塁打を放つ。上級生に交じって堂々とプレーし、1年生で唯一甲子園出場メンバーに。「今の打撃があるのは父さんのおかげ」と話す。

 「立派になったな」。健一さんは栗田君の活躍を特別な思いで見つめていた。健一さんも1994年、双葉高校時代に福島代表として甲子園に行った。メンバーから外れたが、甲子園の土を瓶に入れ、地方大会の優勝メダルとともに双葉町の実家に大切に保管していた。町は今も避難指示が解除されておらず、土もメダルもそのままだ。

 栗田君は3番に座ったが無安打に終わった。「雰囲気にのまれ、冷静になれなかった」。試合後、グラウンドの土を拾い集めた。1年生の自分に優しく教えてくれたメンバー外の3年生に渡したいから。もちろん父の分もある。「甲子園に出られるまでに育ててくれてありがとう」

母に手渡した記念ボール 逆転満塁の大会通算1600号

 最大6点差を付けられた試合を、いったんはひっくり返す逆転満塁本塁打を放った中尾勇介君(3年)。大会通算1600号となり、甲子園をわかせた記録にも記憶にも残るホームランボールは今、大阪府吹田市の中尾君の実家で大切に保管されている。

 「こんなんもらってよろこぶのお母さんだけやで」。試合翌日の7日、実家に戻った中尾君は母の由美子さんにホームランボールを手渡した。小学校から野球を始めた中尾君と兄のプレー写真やメダル、ユニホームが所狭しと並べられた自宅の一角に記念のボールは飾られた。

 由美子さんは大の甲子園ファン。小学生の頃から夢中になり、数々の激闘を見てきた。その憧れの場所に息子が立った。「自分の子どもが甲子園で高校野球を終えられる。高校野球ファンとしてこんな幸せなことはありません」

幼なじみのチームメイト 「2人で甲子園 一生の宝物」

 山梨大会決勝の九回に本塁打を放った長谷川学(まなぶ)君(3年)。甲子園では2点差を追う九回2死、代打で打席に立った。

 「意地を見せろ!」。ベンチから大月市の幼なじみ、小沢陸君が叫んだ。結果は内野ゴロ。最後の打者となった。甘く入った真ん中の直球だった。後ろにつなげられなかったことが悔しくてたまらなかった。

 長谷川君の祖父母の家が小沢君の自宅の真向かい。壁にボールを投げてぶつける音がすると、「学が来た」と小沢君は飛び出した。

 大月東中の野球部でチームメートだった2人。「五厘刈り」が決まりだったが、長谷川君は髪をのばした。練習で手を抜くこともあった。山梨学院に進学し、ひたむきに練習する仲間に囲まれ変わった。練習は全力。「チームの勝利」をまず考える選手になった。

 小沢君は「甲子園の打席に立てたのは学が頑張ってきたから。2人で甲子園に行けたことは一生の宝物です」。

関連ニュース