[PR]

 オウム真理教元代表、松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚(執行当時63)ら教団元幹部の死刑執行に関する文書の一部を、法務省が8日、朝日新聞に開示した。ただ、執行状況や遺言など、ほとんどの項目が「黒塗り」で非開示とされていた。

 8日に開示された文書は松本元死刑囚ら、7月6日に執行された7人の「死刑執行速報」。執行が行われた拘置所の所長が当日に作成し、法務省矯正局長ら宛てに出していた。

 文書はいずれも①氏名②執行年月 日時③執行立会者氏名④執行状況⑤本人の刑に対する心情、遺言等⑥遺体の処置、引取人の住所、氏名⑦参考事項――の7項目で構成されている。黒塗りがなかったのは①と⑦で、⑦はいずれも「特になし」などとされていた。

 ②は日付は開示されたが、執行や死亡確認の時刻とみられる欄は黒塗りされていた。③は、検察庁の名称や立ち会った人の肩書は開示されたが、氏名は非開示だった。④~⑥はすべて黒塗りされていた。

 7件の文書のうち、6件はA4判1枚。松本元死刑囚に関する文書だけは⑤の「本人の刑に対する心情、遺言等」が他の元死刑囚と比べて数倍長く、A4判2枚にわたった。

 関係者によると、松本元死刑囚は執行前、刑務官から「何か言い残したことはあるか」と問われ、最初は言葉を発しなかったが、遺体の引き取り先を尋ねられて「四女」と答え、刑務官が確認したところ、改めて四女の名を出したとされる。文書にはこうしたやりとりが書かれている可能性がある。