[PR]

 山形県の過去4年間の公立高校などの入試で、全52校のうち47校計1140人分の答案から計1202件の採点ミスが見つかった問題で、県教育委員会は8日、公立高校の教諭ら約1900人の半数超にあたる1037人への処分を発表した。

 今年3月の高校入試の答案について、受験生の保護者からの開示請求を受けて採点ミスが発覚。この受験生は本来、合格していた。県教委は、この高校の校長を減給10分の1(2カ月)の処分に。広瀬渉・県教育長は月給の10分の1を3カ月分、自主返納する。

 このほか合否に影響はないが、ミスがあった学校の校長33人と教頭級職員65人を文書訓告、教諭ら934人は厳重注意とした。このほか、すでに退職して処分できない元教諭らが240人いるという。(田中紳顕)