[PR]

 夏休みに鉄路で家族旅行や帰省をする方も多いのでは? そんな旅のお供といえば、やっぱり駅弁。JR東日本のグループ会社で、駅弁を販売する「日本レストランエンタプライズ」に今夏の売れ筋を聞いてみた。

 同社が運営するJR東京駅構内の「駅弁屋 祭」には常時、200種以上の駅弁が並ぶ。多いときには1日に1万5千個も売れるという。売れ筋を尋ねると、5位までを東北の弁当が独占。「米どころである東北の商品は人気がありますね」と同社広報室の中村至宏(ゆきひろ)さん(40)。

 上位3位までが全て牛肉がメインの食材。そんな激戦を制したのが「牛肉どまん中」(山形・米沢)。山形県産米「どまんなか」を炊きあげ、自家製たれで煮込んだ甘辛の牛肉とそぼろを敷き詰めたもの。2位の「極撰炭火焼き牛たん弁当」(宮城・仙台)はひもを引くと温められる仕組みが受けている。

 今年はちょっとした異変も。夏…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら