[PR]

 東京医科大が入試で女子受験生を一律減点していた問題をめぐり、医師の人材紹介会社「エムステージ」(東京都品川区)が医師を対象にアンケートをしたところ、一律減点を「理解できる」「ある程度理解できる」と答えた人が計65%に上った。ただ、理由としては「周りに負担をかけているため仕方ない」というあきらめが多く、働き方などの改善を求める声も多かったという。

 同社は女性医師向けのウェブメディアなども手がけている。担当者は「女性医師が出産後も働き続けられるよう、医療現場が根本的な働き方改革を進める必要がある」と指摘する。

 アンケートの自由記述では、「理解できる」と答えた人から「許容はできないが、自分も家事育児のために仕事を調整しており、働ける男性が優先されることに大きなことをいえない」「妊娠出産の欠員を埋めるようなシステムが不十分なのは事実」「男性医師が当直の肩代わりなどをしており、必要悪として気持ちはわかる」といった理由があげられたという。

 「自分が不当な扱いを受けた」という経験も多かった。「高校では公然と、女性は男性より点数を取らないと合格しない可能性が高いといわれた」「研修医時代に妊娠して『だらしない』といわれ、切迫流産で休むと『流れてしまえばいい』とまでいわれた」「どうせ教えても無駄になるから、女には何も教える気にならないと言われた」といった回答が寄せられた。

 アンケートは8月3~6日、インターネットで実施。男女103人が回答した。

 

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(仲村和代)