[PR]

(9日、高校野球 横浜7―0愛産大三河)

 横浜の五回1死、5番内海が気持ちよさそうにバットを振り抜いた。高く舞い上がった打球は右翼手の頭を越える。フェンスに当たって弾み、転々とする間に、三塁を蹴って一気に本塁へ頭から突っ込んだ。2年生の内海は、南神奈川大会で打率1割1分1厘と不振で本塁打も0。第1打席の右前安打に続き、地力を示す快打、快走になった。

     ◇

 ▼3年ぶりのランニング本塁打 内海(横浜)が対愛産大三河の五回に記録。第97回大会2回戦、大滝(花咲徳栄)が対三沢商でマークして以来。