[PR]

 8日死去した翁長雄志(おながたけし)・沖縄県知事について、菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、「突然の訃報(ふほう)に大変驚いており、謹んでお悔やみを申し上げたい。知事になられてからは政府と立場が異なる場面もあったが、2人になると沖縄の発展について話し合いをよくした」と語った。

 菅氏は「翁長知事の沖縄にかける思いを受け止めて、(負担軽減などを)目に見える形で実現するという思いで取り組んでいきたい」と述べた。

 一方で、反対派の翁長氏と激しく対立してきた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題については「原点は、普天間飛行場の危険の除去と返還。日米同盟の抑止力の維持、普天間の危険除去を考えたときに唯一の解決策であることに変わりない」と話した。

 死去を受けて、沖縄に関係する閣僚も相次いで談話を発表。福井照・沖縄北方相は8日、「沖縄担当大臣就任以前から、知事とともに沖縄振興に取り組む機会を持たせて頂いた」と振り返り、「翁長知事の功績に敬意を表する」とした。

 小野寺五典防衛相は、米軍基地などの問題には触れずに、「大変残念。翁長知事とは、知事の県議時代から長くお付き合いをさせていただき、様々な思い出がある」とした。

こんなニュースも