[PR]

 都留文科大学(山梨県都留市田原3丁目、福田誠治学長)は、国際化時代に対応した新たな取り組みとして和文カナロゴを作成した。カタカナで横書きの「ツルブンカダイガク」。略称「ツルブン」の大小のステッカーも作り、学生らに配布している。

 同大は昨年4月、国際的に通用する大学入学資格を与える「国際バカロレア機構」(本部ジュネーブ)の教育プログラムのもと、英語を基本にした授業でグローバルな人材育成をめざす国際教育学科を新設。今年4月には教養学部を開設し、文学部だけだった学部構成を2学部6学科に見直した。

 和文カナロゴはこうした動きに対応し、外国人にも受け入れられやすいカタカナを使い、なじみやすい略称も交えて国内外に大学の情報を発信するのが狙いだ。

 ステッカーにはカタカナの略称…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら