[PR]

 飲酒運転は人生をめちゃくちゃにする――。福岡市東区の海の中道大橋で、飲酒運転による事故で3児が命を落としてから25日で12年。かつて同じように飲酒運転事故を起こし、公務員の職を失った男性は、自身の経験を教訓として伝え続けている。

 2006年8月25日夜、海の中道大橋で、親子5人が乗った車が飲酒運転をしていた市職員の車に追突されて海に転落。4歳の大上紘彬(ひろあき)ちゃん、3歳の倫彬(ともあき)ちゃん、1歳の紗彬(さあや)ちゃんの3人きょうだいが亡くなった。

 事故から数日が過ぎた日の午後、福岡県飯塚市の梶原徹彦さん(53)は勤務先の喫煙所でたばこを吸っていた。同僚らが事故の話をしていた。ドキッとした。落ち着かず、すぐにその場を離れた。帰宅後、自宅のアパートでテレビを見ると事故現場が映っていた。事故を起こした黒い車や救急車、パトカーの赤色灯が目に焼き付いた。背筋が凍るような思いだった。

 1985年。梶原さんは、公務員になって3年目を迎えていた。ある夜、寮の近くで同僚や先輩と酒を飲んで帰宅したが、飲み足りなかった。福岡・中洲の飲み屋に行こうとハンドルを握った。

 「ドンッ」

 にぶい音がした。気がつくと、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら