[PR]

 全日空は9日、9月1日~10月27日に国内線の一部にあたる593便を欠航すると発表した。約1万5300人に影響する。同社では、使用する米ボーイング787型機のエンジン点検が必要になり、欠航が7月上旬から頻発。今回の発表分を含め、国内線と国際線の計1802便が欠航し、計19万800人に影響が出ることになる。

 9月以降に欠航するのは中部―福岡、福岡―宮崎、関西―札幌、那覇―石垣、中部―那覇の5路線。10月28日以降については、エンジン点検も考慮した新ダイヤをつくるため予約を受け付けた後の欠航は発生しない、としている。

こんなニュースも