[PR]

 内閣府が10日発表した2018年4~6月期の国内総生産(GDP)の1次速報は、物価の変動を除いた実質で前期より0・5%(季節調整値)増加した。この状態が1年続いたと換算した年率では1・9%増。前1~3月期に野菜価格の高騰などでマイナスに落ち込んだ個人消費が持ち直し、企業の設備投資も堅調だったことで2四半期ぶりにプラス成長に戻った。