斉藤滋与史さん(さいとう・しげよし=元建設相、元静岡県知事)が9日、心不全で死去。100歳。通夜、密葬は近親者で行い、後日告別式を行う。

 大昭和製紙(現日本製紙)を創業した故斉藤知一郎氏の次男。1941年に同社に入り、82年に社長に就いた。64年に同県吉原市長に当選し、合併後の富士市長も務めた。69年に国政に転じ衆院議員を6期務め、80年に建設相として初入閣。86年に知事となり静岡空港や新東名高速などの整備に尽力したが、2期目の任期を1年残した93年、病気を理由に辞任した。