[PR]

 長崎の被爆体験を一人芝居で伝え続けた長崎市の元教師、故・渡辺司さん(享年79)。遺族の3世代が9日、渡辺さんが被爆直後に避難した防空壕(ごう)跡を訪れた。防空壕跡は新幹線建設に伴って壊される予定。渡辺さんの被爆当時の年齢に成長した13歳の孫娘は「私も次の世代に伝えたい」と話した。

 9日午前、妻の妙子さん(83)、横浜市に暮らす長女の長谷川恵さん(52)、孫の凜音(りおん)さんが長崎市天神町の防空壕を訪ねると、重機が土石などを運び出していた。凜音さんは初めて訪れた防空壕跡をじっと見つめた。

 渡辺さんは爆心地から1・6キロの自宅で被爆。火災が広がる中、負傷した母親らと近くの防空壕に避難した。証言によると、中には外国人捕虜がおり、血を流す母親らを奥の畳に座らせ、水を飲ませてくれた。「この人たちは鬼ではなく優しい。これで助かった」

 渡辺さんは心臓病や膵臓(すい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら