[PR]

 東京電力は9日、福島第一原発3号機の使用済み燃料プールに設置した核燃料の取り出し装置に不具合が起きた、と発表した。3号機では、今秋に燃料の取り出しを目指していたが、別の装置に故障が続き、開始時期を今年11月中に改めたばかりだった。さらに日程が遅れる可能性もある。

 東電によると、8日午後、装置の検査中にロープの破断を示す警報が出た。作業員が調べた結果、ロープの破断は無く誤警報と判明したが、原因を突き止めるために検査を中断した。東電は、11月の燃料取り出し時期は変えず、「(引き続き)目標として作業を進める」としている。

 3号機のプールには、566体の使用済み燃料が保管されている。新たな地震や津波で設備が壊れる恐れがあるため、敷地内の別の専用施設に移すよう急いでいる。(川原千夏子)