[PR]

 ポンプ機能を持たない心臓の細胞に特定の遺伝子を加えて、拍動を担う心筋細胞や血管の細胞などをつくることに成功したと、筑波大や慶応大などの研究チームが発表した。応用が進めば、薬の開発や再生医療に活用できる可能性があるという。研究成果は10日、米科学誌セル・ステムセルに掲載される。

 筑波大の家田真樹教授らの研究チームは、細胞の分化を誘導する特定の遺伝子を発見。これを心臓線維芽細胞に加えると、心筋や血管など心臓を構成する細胞のもとになる心臓中胚葉(はいよう)細胞に誘導できた。これを心筋や血管の細胞にすることに成功した。

 マウスのES細胞やヒトのiPS細胞でも同じことができた。iPS細胞から心筋細胞をつくり、患者に移植する臨床研究は進んでいるが、家田教授の方法は遺伝子で細胞の分化を誘導するため、マウスなど動物の体内で、より効率的に心筋にすることができるのが特徴という。

 家田教授らは、心臓の線維芽細…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら