[PR]

 奄美大島・瀬戸内町の教育委員会が、国の史跡指定をめざして地元の大島海峡周辺にある旧日本軍関連の戦跡調査を進めている。5日には県立古仁屋高校の敷地内にある「奄美大島要塞(ようさい)司令部」跡地で発掘調査を実施。その作業は同高の生徒が担い、地元の歴史を学ぶ機会にもなった。

 町教委によると、同司令部は1923年に旧陸軍の重要施設として設置された。地元郷土史家の調査で本部や兵舎などがあったとされるが、45年3月の空襲で建物は消失。跡地は古仁屋高などとして利用され、現在は壁の一部が残るだけの状態となっている。そこで施設の基礎などが残っていないかを調べるため、発掘調査が計画された。

 5日の調査には同高の1、2年生計7人が就業体験も兼ねて参加し、グラウンドの一部を掘り返す作業を担当した。濱田怜弥さん(2年)は「めったにできない体験。歴史の瞬間に立ち会っているように感じられる」。奥村芽生(めい)さん(2年)も「これまで意識していなかった地元の歴史を考えるきっかけになった」と話した。

 半日がかりの作業で、戦時中の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら