[PR]

 第100回全国高校野球選手権記念大会で静岡代表・常葉大菊川は14日の第1試合で、日南学園(宮崎)と2回戦を戦う。投打のバランスが良く、粘り強さが持ち味のチームだ。常葉大菊川の高橋利和監督と日南学園の金川豪一郎監督にそれぞれ、相手校の印象や戦い方などを聞いた。

 ――初戦を振り返って。

 日南学園・金川豪一郎監督 初戦なので、打ちたい気持ちから力んで打ちあぐねた。ただ、バッテリーを中心にしっかり守れた点は非常に良かった。

 常葉大菊川・高橋利和監督 緊張してる子もいたが、途中から奮起してひっくり返してくれた。足を絡めるなどやりたい野球をして、楽しんでくれた。

 ――相手校の印象と警戒している選手は。

 金川 思い切りの良いスイングで攻撃が積極的だという印象。1番の奈良間君の(静岡大会の)打率8割は異常なので、相当ミート力があるだろう。初戦は1打席目にセンターオーバーを打っているので、対応力も高い。逆に彼を抑えてしまえば、相手はかなり沈むと思うので、警戒していきたい。

 高橋 捕手の蓑尾君の送球、投手の辰己君のチェンジアップのような球をケアしたい。こちらが走ってくるというのは分かっているはずなので、そこを選手たちがどう対応して楽しむか。

 ――次戦のキーマンと理想の試合展開は。

 金川 坂元と尼崎がもう一つだったが、彼らにヒットが出れば思い切りスイングできるようになると思う。早い回に先制して、常にリードした状態で試合が進められれば。

 高橋 (2番手投手で外野手の)榛村。初戦は途中登板し、逆転された後、逆転し返した。自信になってくれると大きい。初戦は先制されたが、次は先制したい。勝負は後半になると思う。

 ――次戦への意気込みを。

 金川 初戦に勝って、「よし次だ」と身が引き締まる気持ちでいる。とにかくまた全力を注いで勝つだけです。

 高橋 どんどん振って走る野球で成果が出ているので、同じようにやっていきたい。(聞き手・高橋健人、堀之内健史)

こんなニュースも