[PR]

波聞風問

 「生産性」という尺度で人の価値を決めつける表現には驚かされた。自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が同性カップルについて「子どもを作らない、つまり『生産性』がない」と寄稿した文章が批判を浴びた。

 この場合の生産性とは、イコール子どもの数を意味するのだろうか。縮んでいく国にあって「産めよ殖やせよ国のため」的な発想にとらわれてしまうのは、いまの時代の雰囲気を映し出している。

 人口減少に備えて、働き方改革で生産性を向上させよう。AI(人工知能)や、モノとインターネットをつなぐIoTを使い、生産性革命をめざそう――。安倍政権が掲げる政策には生産性という言葉がよく使われている。

 ふつう生産性は、働き手が1時間あたりにあげた成果を示す。2016年で先進35カ国中20番目に沈む日本の労働生産性を上げるのは、大きな課題となっている。

 だが、その意味は正しく理解されていないのでは?

 そう感じているのが、「新・生…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら