[PR]

 台風14号は10日午前、沖縄の南の海上を北上した。今後は11日朝に沖縄・南大東島へ近づき、同日夜に沖縄本島や奄美大島に接近する見通しだ。気象庁では強風や大雨、高波への警戒を呼びかけている。

 台風14号は10日正午現在、時速20キロで北西へ進んでいる。中心気圧は992ヘクトパスカルで、最大瞬間風速は25メートル。

 一方、台風13号は10日正午現在、本州の東の海上を時速45キロで東北東へ進んでおり、10日夜にも温帯低気圧に変わる見込みだという。