[PR]

自民党の細田博之・元幹事長(発言録)

 竹下派の竹下亘会長は(「鳥取・島根」「徳島・高知」を一つの選挙区にする)参議院の合区問題で非常に苦労してこられた。そして、(参院議員の定数を6人増やし、比例区に「特定枠」を設ける改正公職選挙法という)法改正が行われ、(9月に予定される自民党総裁選で)石破茂・元幹事長にも協力したいとの見解を出した。

 (合区対象の)鳥取と島根、徳島と高知は協力関係だ。竹下派参議院の方々は鳥取県の方々と石破氏と緊密な連携を取っていかなければならない。これはわれわれの宿命であるという考えで、(総裁選での石破氏支持という)ああいう決定をされたと理解している。島根県民である私としても理解している。(松江市での講演で)