[PR]

 熊本市西区の介護施設で入所者の女性を殴って死亡させたとして、熊本県警は10日、同施設職員の栗崎賢一朗容疑者(49)=同県嘉島町犬渕(いぬぶち)=を傷害致死の疑いで逮捕し、発表した。

 熊本南署によると、栗崎容疑者は7日午前0時5分ごろ、熊本市西区野中3丁目にあるグループホーム「ゆうしん三丁目」の食堂で、この施設に入所していた熊本市の無職、宮本ヨツ子さん(88)の腹部などを複数回、手で殴打するなどした疑いがある。容疑を認めているという。

 栗崎容疑者は暴行後、宮本さんを居室に連れて帰ったが、午前0時半ごろにベッドの上で意識を失っているのを発見し、自ら119番通報したという。搬送先の病院で体に打撲痕が見つかり、病院が警察に通報。司法解剖で死因は腹部の内出血による出血性ショックと判明した。その後の捜査で施設内の防犯カメラの映像などを確認し、栗崎容疑者が腹部を殴っていたことがわかったという。

 同署によると、栗崎容疑者は1年ほど前からこの施設で正規職員として働いていたという。事件発生当時は当直勤務で、職員2人で20人ほどの入所者をみていた。同署が詳しい状況や動機などを調べている。(吉備彩日)