[PR]

 仙台市は10月から、自分でごみを出すのが大変な高齢者や障害者を支援する町内会や老人クラブなどに、奨励金を出す。超高齢社会を控え、地域での支え合いを後押しする狙いだ。

 市家庭ごみ減量課によると、介護保険の要介護認定を受けた人や障害者手帳などを持つ人のみで構成される世帯への支援が対象。こうした世帯の玄関先から、地域の集積所まで家庭ごみや紙類などを運ぶと、1回140円を支給する。

 今年度末までの上限額は1団体当たり4万8千円。市の今年度当初予算案に計上されている。

 高齢化に伴ってごみ出し支援の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら