[PR]

 西日本豪雨で、広島県内の405地点の雨量観測所のうち、約4分の1に当たる101地点で「200年以上に1度」の確率とされる大量の雨量が記録されていたことが、同県の調査でわかった。この101地点を含め、全体の半数に近い184地点で「100年に1度」以上の雨量が記録され、県内の広範囲で異常な雨が降り、甚大な被害につながったことが改めて示された。

 県河川課によると、県内全23市町にある405地点の雨量観測所を調査。7月3~8日のうち、各観測所で最も多かった24時間雨量から、どの程度の確率の雨量だったのか、河川改修の整備などに用いる県独自の計算式で試算した。

 「200年以上に1度」の雨量は、大規模な土砂災害が発生した広島市や呉市、東広島市のほか、県北部の庄原市、東部の福山市、尾道市などでも観測。24時間の雨量で、最も多かったのは、呉市警固屋の430ミリだった。