[PR]

 魚肉練り製品メーカー・カネテツデリカフーズ(神戸市東灘区)の社員が、食品への毛髪混入を防ぐプログラムを考案し、学校給食の調理員らに伝授している。食品工場で毛髪混入を激減させた、その秘策とは?

 プログラムを作ったのは、品質管理を担当する江川永(ひさし)さん(44)。

 江川さんは、2016年10月から製造委託先の品質管理や衛生指導に携わった。毛髪混入がなかなか減らないことが悩みだった。

 食品コンサル会社が指導する毛髪防止策の定番は、①出勤前のシャンプー②作業帽をかぶる前に髪をとかす③作業場の床掃除④巨大なドライヤーのような「エアシャワー」を浴びる――など。抜け毛を防ぎ、床や服についた毛髪の飛散を止めるのが目的だ。

 だが、こうした対策をとっても思うように効果を得られなかった。工場は清潔で衛生マニュアルも整っているのに、なぜか混入が多発する工場もあった。

 毛髪が混入する瞬間を見ること…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら