[PR]

 レオパレスが10日発表した2018年4~6月期決算は、純損失が9億円の赤字となり、四半期としては12年4~6月期以来6年ぶりの赤字に転落した。過去に建てたアパートで天井裏などの仕切り壁が未設置なケースが多数見つかり、補修工事などの引当金として50億円を特別損失に計上したためだ。

 問題となっているのは「界壁」と呼ばれる仕切り壁で、建物の延焼防止や遮音のために天井裏まで届くよう設置することが義務づけられている。建物オーナーからの指摘を受けて行った社内調査で発覚した。

 同社によると、7月22日時点で、1994年~2009年に建てられた8シリーズ1万4709棟のうち、1544棟で調査が終わり、57%にあたる874棟で不備が見つかった。

 同社は全アパート3万8千棟について19年6月までに調査する。8シリーズで今後も同じ割合で不備が見つかると、補修費用などで50億円かかる見通しという。8シリーズ以外にも見つかれば額はさらに増えることになる。

 同社はすでに19年3月期の業績予想を下方修正し、純利益は従来予想より35億円少ない115億円としている。