エアコン壊れたまま…涼求め街へ 酷暑の生活保護受給者

有料記事

斉藤佑介
[PR]

 今夏の猛暑に対して、生活保護の受給者はどう身を守っているのでしょうか。エアコンがない人は涼を求め街に出て、食費を削って冷房を使う人もいます。ぎりぎりの生活で暑さと戦っていました。斉藤佑介

 名古屋市南区に住む男性(71)はひざが悪い。だがエアコンの利いた図書館や公共施設をめざして歩く。「生きることが今の私の仕事ですから」。1日の歩数は1万1千歩を超える。

 8年前に派遣会社の雇い止めにあい、年金の加入期間が足りず、生活保護を受け始めた。6畳一間、風呂なし、トイレ共同。半世紀前のアパートに備え付けのエアコンは壊れたまま。手元に残る生活費は月5万円ほどで、余裕はない。

 夜は窓辺で蚊取り線香をたき、扇風機をまわす。「今年は寝られん」。午前2時すぎに眠りに落ちる。

 愛知県刈谷市。築50年のアパートで暮らす視覚障害者の男性(64)はエアコンの使用を控えている。窓と玄関の戸を開け、扇風機を使う。ぬるい風が抜ける。

 「今年は激烈な暑さ。天井も…

この記事は有料記事です。残り1166文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!