[PR]

 東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)が昨年放送した「ニュース女子」の沖縄基地反対運動特集について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が「重大な放送倫理違反」を指摘するなどした問題で、同社は10日、「主な反省点」をまとめた「当社見解」をホームページ上で公表した。

 番組は、化粧品大手ディーエイチシーの関連会社の現DHCテレビジョンが制作。MXは完成版の納品を受けて「持ち込み番組」として放送していた。

 これを踏まえ、▽平和的に基地反対運動をする人たちも過激で暴力的な運動をしているかのような誤解を招く部分で、制作会社に修正するよう求めなかった▽事実関係の裏付けが不十分な点について制作会社に再確認するなどの努力を尽くさなかった▽人種や民族を取り扱う際の配慮を欠き、番組内で言及した人権団体「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉(シンスゴ)さんに多大なる苦痛を与えた▽「時事ネタ」を冷めないうちに放送するために組まれた放送までのスケジュールを優先し、番組の完成版のチェックを省略した――の4点を具体的な反省点として挙げた。

 「当社としては、米軍基地反対運動であっても、違法行為を是認するものではありませんが」と前置きをした上で、米軍基地反対運動に平和裏に参加する人たちについて誤解を生じさせたこと、人種や民族を取り扱う際に必要な配慮を欠いて辛さんの名誉を毀損(きそん)し、多大な苦痛を与えたことについて「心よりお詫(わ)び申し上げます」と謝罪。「地上波テレビ放送局として、インターネット配信とは異なり、放送法、放送基準に準拠した視聴者の皆様に信頼される放送を行うべく努めてまいります」とした。

 番組については、BPO放送人権委員会が辛さんに対する人権侵害があったと勧告。MXは今年3月でニュース女子の放送を終了した。同社は番組のチェック体制も改め、組織や人員も強化したとしている。7月20日には、伊達寛社長が辛さんに面会し直接謝罪した。