[PR]

 相模原市在住の写真家、江成常夫さん(81)の写真展「After The TSUNAMI 東日本大震災」が、相模原市民ギャラリー(同市中央区)で開かれている。東日本大震災の発生から7年かけて撮影してきた130点の作品が並ぶ。9月2日まで。

 市街地に乗り上げた巨大な船(岩手県釜石市)。大きく斜めに傾いた住宅(宮城県気仙沼市)。散乱する白骨化した動物の死骸(福島県浪江町)……。

 震災関連死も含めて1万9千人以上が亡くなる甚大な被害をもたらした、2011年3月11日発生の東日本大震災。会場には、被災地の中でも特に津波の被害が大きかった福島、宮城、岩手の3県で撮影された写真が展示されている。

 江成さんは被災した各地をくま…

この記事は有料会員記事です。残り593文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り593文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り593文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース